November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

台北アニメイト出張カフェ、サンファンの次はヒロアカ

台北アニメイトの出張カフェ『Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀』。

今週末(2018年11月11日)までということで、終了までカウントダウン。

メニューは台湾オリジナルなので、

ちょうど台北観光来てるよっという方は立ち寄ってみるのもいいですよ。

 

さ、サンファンの次はなにかなと思っていましたら、

 

 

はい、こちらです。

僕のヒーローアカデミア。ヒロアカカフェのようです!

こちらではみんな『我英 wo3 ying1』といってますね。

 

2017年もありましたが、今年のメニューはこんなかんじだそうです。

 

 

・場所:animate cafe 台北(台北市中正区中華路一段39号1階)
・オープン期間:2018年11月14日〜12月09日
・営業時間:12:00〜20:00

 

 

 

つゆちゃんのスープが飲みたいかな。

台北といえど肌寒い時期だというのに、コールドばかりですね…

 

 

なぜ夏服装ver. ...11月の開催なのにな、とか思ったり。

まあでもどれもカワイイですね。

 

 

【台湾のいろいろ】Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀 × animate cafe 覗いてきました

アニメイトの出張カフェが台北アニメイトにもやってくる、

そして『Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀』がテーマということで・・・

 

期待も話題も高かったアニメイトサンファンカフェ。

 

・場所:animate cafe 台北(台北市中正区中華路一段39号1階)
・オープン期間:2018年10月17日〜11月11日
・営業時間:12:00〜20:00

 

中華路は西門町の向かい側、台糖大楼のB1にアニメイト台北が入っていて、

1階のオープンスペース的なところに、出張カフェがオープンしてました。

 

台湾オリジナルメニューがたくさん。

 

donglianicafe4

donglianicafe10

 

こうした、ちょっとしたスペースにオープンしてました。

 

donglianicafe5

 

donglianicafe3

 

カフェ…?立ち飲みなので、ドリンクスタンド、ですねぇ。

 

donglianicafe2

 

 

donglianicafe1

 

 

台湾B級グルメの宝庫、夜市風にミニチュアが飾ってありました。

かわいい。

 

donglianicafe7donglianicafe8donglianicafe9

 

B1はアニメイト台北の店舗。

入口には、お二方がお出迎え。

 

donglianicafe6

 

 

『Thunderbolt Fantasy 東離剣遊紀』関連グッズはほとんど売り切れてしまっているということで、

一期の関連グッズが少しだけ、販売していました。

 

【台北のいろいろ】ミッキーが台北MRTをラッピング! でも作戦立てなきゃ写真に収めるのはけっこう厳しい!かも!

このたび、関西地方を直撃した台風21号、そして北海道で発生した大きな地震に被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

今回の台風と地震のせいで、日本各地で大規模な停電や土砂崩れや建物損壊などが起き、今現在も困難な状況の中での生活を余儀なくされている方が少なくないとききます。

いっこくも早い復旧がなされることを願っています。

==============================================

 

世界中にファンがいる★世界一有名なマウスでおなじみ、ミッキーマウス。

銀幕デビュー90周年をむかえるんだそうですよ!

そのお祝いを、台湾・台北でもやってます!

ラッピング車両は珍しくない台北MRTですが、

ミッキー、そしてディズニーのラッピングはなんと初めての登場!

ウォルト・ディズニー・タイワンよくやった!?

 

台北のMRTの、赤路線こと淡水線の車両がラッピングされています。

台湾各地の名所で遊ぶ、ミッキー&フレンズ。

 

期間:2018年8月31日〜2019年1月2日

 

ラッピング車両のスケジュール:

 

 

まあ上り下り始発駅の始発のスケジュールを、台北MRTが公開していますが、

始発駅からかならず乗るわけじゃないしね。。。

利用駅通過の時間を計算するのもめんどくさい。。。

まあ機会があれば乗ることもあるかな。。。

と思っていたところ…

 

本日、まったくの偶然。乗れました。

 

 

しかし。

そうです。

写真のとおり。

台北MRTは二重ドアなんですよね〜。

 

眼で見る分には、なんとなく、けっこう、デザインが見えるんですが。

全体像が把握できません。

 

そして、「車内はどんな楽しいことになっているのかな?」と期待したのは数秒、

ドアが開くのを待つこともなく、ホームにMRTが入ってきたらすぐ気づく。

乗客の多さ。。。

 

淡水線は、まー、乗客数多いですよ。

いつだって。

だいたい。

 

ですので。

写真を撮ろうというならば。

 

 

 

 

 

 

このように、盗撮状態になってしまいます。

 

今日はこの列車のために乗ったのではないし、4駅ほど乗っただけだったので、とくに、こんな状況になってしまいました。

 

淡水線はですね、士林駅〜台北101駅の区間がとくに常に混雑しがちです。

時間帯や曜日にもよりますが、上りも下りも、この区間はごっちゃりしがち。

 

写真をばっちり撮りたいという場合は、

★朝方の淡水駅発に乗る

★平日なるべく早い時間の(午前中)芝山駅〜淡水駅間に乗る

これが確実ではないかと思います。

 

象山駅は比較的いつでも人少なめです。

始発なので、停まってる時に撮りやすいでしょう。

でも次の駅からすぐに混雑してきます。(特に夕方以降)

 

ちなみに、淡水線は圓山駅〜淡水駅の間は地上(高架上)を走ります。

圓山駅は花博公園直結で、花博公園側から見上げれば、二重ドアの遮りも無く車両を見ることができます。

 

 

でもキャラクターの力ってすごいですね。

よく見えなかったけれど、なんとなく楽しい気分になりました。

ラッピング列車、

 

APPで遊べるイベントも関連してやっていますが、参加資格が台湾居住の中華民国民ということです。

オフィシャルサイト(中国語): https://www.travel.taipei/mickey

 

 

 

 

 

台北誠品で開催中 手塚治虫特別展

誠品書店 敦化店で、手塚治虫展やっています。

無料の展示です。

 

ここの店舗は書籍部分は24時間営業なので、観光のスキマ時間に涼みに行くのにぴったりです。

台湾の店は11:00開店とか正午開店とかが多いので、台湾の午前中の観光ってどうしよう? となりがちだったりしませんか?

 

最寄りMRT駅は忠孝敦化駅6番出口。

出口を出たら、出たままの方向で直進数分で着きます。

 

osamuten1

 

osamuten2

 

年表があったり、代表作をとりあげて紹介してあったり。

 

osamuten3

 

osamuten4

 

プロットやネームをチラ見できたり。

 

osamuten5

 

osamuten6

 

 

osamuten8

 

osamuten9

 

中国語版の販売や、グッズ販売がありました。

誠品オリジナルTシャツなどもありました。モレスキンとコラボの来年の手帳の予約購入があったり。

 

 

「漫畫之神─手塚治虫」

特展 期間:2018年7月13日〜9月2日

誠品書店 敦化店

台風一過【台北180711】

大型台風で、警戒されていた台風8号・MARIA(瑪莉亞)。

台湾に近づくと勢力が落ち、中型台風となって、11日昼過ぎには大陸の方へ抜けていったということです。

 

大型が来るぞ来るぞーということで、先週末から警戒されていたわけですが、

結果的には台湾島北部にはそこまで大きな被害をもらたさずに過ぎていきました。

馬祖のほうは暴風雨がそのまま直撃してしまったそうです(台湾島を通らなかったので勢力が保持されたままだったらしい)。

 

週末にかけて、台湾へいらっしゃる観光客の皆様が増えるだろうと思いますが、

今回の台風では台北をはじめ北部にとくに大きな被害は出ていないので、

安心してお越し下さい。

 

今日11日の台北は、雨が降ったり止んだり、太陽が出たり曇ったりと不安定で、

蒸し蒸しと暑い一日でした。

 

日本列島より南にあるので、日差しも強いですから、女性だけでなく男性も紫外線対策なさってくださいね!

「クーラー設定温度28度」的なルールはなくて、ガンガン効かせているところが多いので、意外に冷えます!

 

最後に、西日本の豪雨災害に遭い、今も不便を強いられている皆さまが少しも早く普段の生活に戻れますよう、願っています。

 

【雑談】台湾らしいと思って【台北】

午前中に通りかかって、台湾らしい景色だなーとなんとなく思って撮りました。

 

だからなんだというのでもないです。

 

台北は長安西路。

 

 

 

長安西路2

 

長安西路1

 

林田桶屋さんがあるので、ここの交差点はそれなりに有名でしょうか。

 

右前方には100年の歴史をもつ中山市場。

 

ほんとうになんてことのない景色…でも数年後、数十年後、ずーっとこのままとは限りません。

 

 

 

 

 

霹靂藝術科幻特展 参観その3

霹靂藝術科幻特展、霹靂布袋戯の2018年展覧会

ブログその3は、会場周囲です。

 

★その1

★その2

 

【霹靂藝術科幻特展】

期間:2018/06/29~09/24

場所:台北中正紀念堂にて

HP:http://suhuanjen30.pili.com.tw/expo2018/

 

 

中正紀念堂は西向き東方に位置していて、南北に「大忠門」「大孝門」がそれぞれあります。

霹靂藝術科幻特展は大忠門側に入り口で、大孝門へ抜けるようになっています。

 

特展初日は、その門から紀念堂へのところに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうただただ格好いいですね!

 

二頭身くんたちもいたるところに。

 

 

 

 

さて、物販コーナーの話も少し。

 

こちら、スワロフスキーがふんだんに使われた天競版ー素還真さま。

初版限定10体!

専用の木偶ケース、スタンド、身だしなみセットなどなど一式が豪華セットになって

お値段なんと98,800台湾ドル!

 

この時、店員さんはすでに1体売れましたと言っていました。尊い…

 

 

 

物販エリア片隅にあった、こちら。

 

姓名貼。

お名前シール機。

 

 

2バージョンあって、各1シート50元で自分のお名前シールがその場で作れます。

台湾のこうした展示会で、ほぼほぼ必須で登場する姓名貼機。だいたいどこでも1シート50元。

 

中国語か英数字が印字できます。

注音記号で入力するので、もし日本の方が行ってやる場合には、事前に自分の名前の漢字の注音記号を調べてメモっていくといいですね! ひらがなの場合は、漢字当てはめるしかないですね。

 

 

 

こういう2バージョンです。

もったいなくて使えないかも。

 

こういうお名前シールはみなさん欲しいものなのでしょうか。

自分の名前を持ち物に貼ることって、学生を卒業してしまうと、機会があるようなないような…

 

欲しいなって思う人が多ければ、作成代行を検討したいと思います。

特展開催期間内に1回か2回、期限を区切って受け付けて、まとめて作成してお送りするというような。

 

 

 

 

霹靂藝術科幻特展 参観その2

霹靂藝術科幻特展、霹靂布袋戯の2018年展覧会

本日も、写真多めでいきます〜

 

その1 はこちらのリンク。

 

【霹靂藝術科幻特展】

期間:2018/06/29~09/24

場所:台北中正紀念堂にて

HP:http://suhuanjen30.pili.com.tw/expo2018/

 

 

APPが使えなかったので、会場内、説明的なものは皆無でありまして、写真しかないという感じです?!

 

露胸のお二方。

 

 

花が似合う。

赤青黄色で…ここの配置なんか好きでした。

歴史ある(?)キャラクターにはこちらも思い入れがなんだか違いますね。

 

 

「新霹靂異数」ではかつてのキャラクターが復活。

特展では多数、展示があったんですが、

造型が進化しすぎていて…パッと見では誰が誰か自信を持って特定できない。

APPで情報を取り込めばスマホで詳しく紹介が見れるわけですが、

当方のスマホは対応外機種(?)で、その上、

広くない薄暗い会場内で、人出も多く、じっくりのんびりは見ていられない。

 

正直何が何やら…撮り逃した木偶もたくさんありました。

 

冷劍白狐

 

面影残ってますね。顎のラインとか

 

花信風

 

かつての彼。

 

 

 

霹靂布袋戯上演の歴史を壁一面にー。

 

 

仮面と創作衣装(?)的なコーナーも

 

 

会場から販売エリアへの、いわゆる出口にはこの御方。

水蒸気的な煙的なカーテンに、(ちょっとYoshikiを想起させる)素還真が投影されて、こちらへむかって歩いてくる…。

つねに動いているのでボケボケ写真ですが

雰囲気伝わりますでしょうか。

 

 

 

 

会場外の写真は次回に。

 

 

 

 

霹靂藝術科幻特展 参観その1

霹靂藝術科幻特展、霹靂布袋戯の2018年展覧会さっそく行ってきましたので、写真を中心に書きます〜。

 

【霹靂藝術科幻特展】

期間:2018/06/29~09/24

場所:台北中正紀念堂にて

HP:http://suhuanjen30.pili.com.tw/expo2018/

 

 

中正紀念堂の最寄り駅はMRT中正紀念堂駅5番出口。

会場へ向かって歩くこと数分…

 

 

会場は大孝門側にあるので、そちら側へ進みます。

二頭身は誰が成っても可愛い。

 

 

 

開催初日ということもあって、入場は少し並びました。

APPのダウンロードとか、入ってすぐにQRコード的なマークの読み取りとかがあるので、それもあって、渋滞した感じ。

会場が以前の花博より狭いこともあって、混み混みの参観でした。

 

 

今回の特展は、スマホを利用して、APPで会場内に散りばめられているマークを読み取り、それぞれのものがたりを読みながら見ていくというもの。

でしたが、私のスマホはそのAPPの機能を「不支援」だということで、

まったくそれが遊べず、

”科幻”特展 のおもしろさがちっとも体験できなかったのでした!!!!

 

 

ただただ、木偶たちを愛でてきただけ。

 

それもすてきなことではありましたが、

ショーケースに入ったガラス越しじゃなく、直見できたから、

それは良かったのですが。

 

なぜこの並び? なぜここにアナタ? という感じでした。

 

 

紅白歌合戦でトリを務められそうな。

 

 

「字」で書かれています。

 

 

 

このエリアは、見せ方がおもしろかった。

ブラックボックスがあって、屈んで入ると、

私たちは、モグラのように、穴から顔を出して、彼らを見る。

目線が、いい感じになる。これはとてもいいアイデアと思ったけど、

高い位置にすればいいだけで、なにも潜らせなくてもよかったようにも思う。いちいちめんどくさい。

でも、限られた穴の数からしか見れないから、人数制限ができて、

人の頭越しに見ることにならないから、やっぱりこれがいいのかもしれません。

 

 

特展ということで、写真がいっぱいですので、

いったんここまで。

また明日、続きを書きます。

 

セール価格商品はこちらです!

セール価格の商品を探しやすく、まとめました♪

 

sale

 

かんぜんな早いもの勝ちです!

12>|next>>
pagetop